上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帝王切開そして誕生

2月16日

夕方に帝王切開を決断してそれからは手術に向けて準備と手続き。
私は促進剤を中止して、あらたに点滴をしていました。

あれよあれよと準備が始まって気づいたら夜に。
母と旦那さんは近くのお店で夕飯を食べに行きました。

陣痛室で一人になったあたしはふとお腹の子を思いました。
今もお腹で元気に動くベビチャン。

今日会えるんだって思ったらとにかく涙が止まりませんでした。
10ヶ月間お腹の中で一生懸命育ってくれた我が子。

ホントに今日までよく頑張ってくれたなって。
そして最後の最後でまた大変な思いをさせてしまってごめんねって。

でもこの子がお腹に宿るまで6年かかった私たち。
そう思ったら、今までの頑張りは今日報われると・・・。

あたしにこういう経験をさせてくれてありがとう。
つわりも胎動も陣痛も経験できた。

この子のおかげ。

どうか手術が無事終わって元気な我が子に会えますように。
いや、絶対会える。

そして午後10:20に手術室へ。


平成23年2月16日 午後10:46
3200gの女の子が誕生しました。

下半分の麻酔だったので意識はあったので
産まれたてのベビチャンに触ることができました。

「あったかい・・・。」が第一声だったように記憶してます。

愛しい愛しいベビチャン、まってたよ・・・。


スポンサーサイト
陣痛促進剤三日目

2月16日

朝起きて、先生の診察。
ラミナリアを入れて寝て子宮口は1cm開いて3cm位に。

あんまり変わっていなくてちょっとガッカリした。
でも今日こそはベビチャンに会えると信じて陣痛室へ。

初日に使った促進剤Aをまた点滴して様子を見ていきました。
なぜかあれだけ痛くなった薬が今日はほとんど効いてこない。

定期的に痛みも来ないし、途中で助産師さんに子宮口の開きを見てもらったけど
ほとんど変わらない状態・・・。

それよりなにより、赤ちゃんの心拍モニターが今までになく
あたしの痛みと連動して心拍が下がる。

陣痛は来てほしいけどその度にベビチャンが苦しいんじゃないかって。
もう精神的にまいってしまいました。

朝から私の様子を見てくれていた先生は
「赤ちゃんは大丈夫だよ!今すぐに手術っていう状態じゃないから」って。

午後になって点滴2本目に入るとき母に相談しました。
「あたしはこのまままた今日も終わるのかなぁ」って。

とにかく自分の体力とかより何よりベビチャンの事が心配。
もしまた明日も同じ事をするんだったら今日結果を出したいと。

涙が止まりませんでした。
普通分娩だと思っていたのが帝王切開を決断しようとしている自分。

その時はちゃんと産んであげられなくてごめん…って思っていました。
でも母に言われました。

「赤ちゃんの為に自分のお腹を切って痛い思いするんだから立派だよ」って。
そう、あたしはこの子を元気に産んであげることが役目なんだ。

旦那さんにTELして、すぐ来てもらいました。
そして帝王切開して今日産んであげたいと言いました。

旦那さんも「そうしよう」って言ってくれました。

気持ちを強く持って涙を拭いて、今の気持ちを助産師さんに話しました。
助産師さんは手を握ってくれて先生に話してみるねと言ってくれました。

しばらくして担当医が二人ともが来てくれて
「赤ちゃん自体は今も元気だし大丈夫!でも破水から4日目で母体の疲れもピークだろうし手術でもいいよ」と言ってくださいました。

決断したのは15時ころ。
先生は今日の夜10時から手術しましょうとおしゃってくださいました。

ついに帝王切開が決定しました。

出産レポ5へ続く。

陣痛促進剤二日目

2月15日

今日は前日とは違う促進剤Bを使用しての誘発でした。
Aとは違い流量を増やす間隔も長めでした。

結果から言うとこの促進剤はあたしにはあまり効果がなく
前日使った薬ほど痛みが来ませんでした。

子宮口もほとんど開かず
昨日と変わらず指一本程度。

一日かけて少しづつ量を増やしていっても
定期的な波も来なくてそのまま中止に。

期待していた分がっかり感も大きいし
なにより赤ちゃんの事が心配で仕方なかったです。

10日も遅れてるし薬使わずに出てこれるものを無理してる感じがして
赤ちゃんも疲れて苦しいんじゃないかなぁって。

陣痛室には今日だけで3人の妊婦さんが入ってきて
あたしの横のベットにいた方たちがドンドン分娩室へ。

そして産まれた赤ちゃんの泣き声と歓声が聞こえてくる。
誕生の感動と結果の出ない辛さで、涙が出てきました。

先生はモニターを見ながら「赤ちゃんは元気で大丈夫ですよ」って。
だからあたしはこの子を無事産んであげることに専念しなきゃって思った。

明日は結果が出やすかった促進剤Aに戻して再チャレンジ決定。
そして明日まで子宮口を開くラミナリアを9本入れ様子を見ました。

明日こそ子宮口が開いて陣痛が来てほしい・・・。
ベビチャン頑張って。

出産レポ4へ続く。

陣痛促進剤一日目

2月14日

朝を迎え、先生の診察。
子宮口も変わりなく陣痛の気配がない、破水から24時間が経過したので促進剤を開始しました。

促進剤は点滴で二種類のうちの一種類(Aとします)を使用決定。
一日かけてゆっくり流量を増やしながら様子を見ていきました。

うちの病院は陣痛室で行いました。
左手に点滴、お腹にはモニターを付けてベッドに一日中横になり陣痛が来るのを待ちました。

一日目は母も旦那さんも付き添ってくれて午前中は会話もあり余裕。
お昼ご飯を食べたあたりから少しお腹が定期的に痛む。

モニターのグラフを見ると綺麗な波形ができてきていました。
痛み自体はまだ生理痛の強い感じで我慢ができました。

時間ごとに流量が上がって、その度に間隔が狭まってくる感じがしました。
夕方5時頃には痛みの度に息をふ~っと吐かないと我慢できない痛みがきました。

予定量を終えてもそれ以上変わらず、
診察の結果は子宮口も2cmしか開いていませんでした。

このままもう一本やるか、今日は中止して体力温存して明日に備えるか。
母と旦那さんと相談して翌日にする事にしました。

病室に戻るとなんだか気が抜けてしまいました。
薬を使えば直ぐに陣痛がくると思っていたんですね。

薬を中止するとだんだん痛みが引いていって
寝るころにはほとんど痛みは感じなくなっていました。

お産がなかなか思うように進まなくて
精神的に疲れてしまいました。

でも明日は違う促進剤を使うということで
期待もあって「明日も頑張ろう」って思えました。

出産レポ3へ続く


破水当日

平成23年2月13日

朝5時過ぎ、何か出たぁ~と思ったら水っぽくて
トイレに行ったら透明で破水かなぁと。

直ぐに病院へTELしたらすぐ来てくださいといわれ
入院準備を持って旦那さんと車で向かいました。

着いてすぐ羊水か検査したら反応があったからそのまま入院へ。
まず陣痛室でモニターを付けて一時間ほど様子をみました。

張りもあまりなく、まだすぐには陣痛が来ないと判断して
病室に移って24時間は自然に陣痛が来るのを待つことになりました。

私の体調は全くいつもと同じでお腹も張るけど痛くないし
なんか来そうな気配は何一つ感じませんでした。

結局陣痛は来ず、そのまま次の日を迎えることになりました。


レポ2へ続く。
Wedding Anniversary

*script by KT*
プロフィール

あみ

Author:あみ
旦那さん 1977生まれ 自営業
あ み 1979年生まれ 兼業主婦
ムスメちゃん 2011年生まれ

♪2002年♪
旦那さんと出逢う

♪2005年4月♪ 
交際3年半を経て結婚
同時に子作り開始
なかなか来てくれない…。

♪2006年1月♪
病院デビュー
色んな検査を受けるが
特に以上なし

♪2007年5月♪
結婚3年目にして
初めての自然妊娠

♪同年 6月♪
残念ながら5wで完全流産

♪同年 10月♪
生理3回見送り
子作り再開

♪2008年5月♪
流産から一年経ち
人工授精にステップアップ

5月  初AIH⇒×
6月  AIH2⇒×
7月  AIH3⇒×
8月  AIH4+クロミッド⇒×
9月  AIH5+クロミッド⇒×

★抗精子抗体検査⇒陰性

♪同年 10月♪
お休み周期に自然妊娠!

♪同年 11月♪
7wで完全流産

♪2009年3月♪
不育症検査完了

♪2009年9月♪
不妊専門病院へ転院

♪同年 10月♪
2度目の卵管造影検査

♪2010年2月♪
初の通水検査

♪同年 4月
タイミング法半年経て
クロミッド+AIH再挑戦!

♪無事にH23、2/16に女の子を出産^^

♪H24現在、2人目待ち開始!

☆LINK☆
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。